スポンサーリンク

エンジニアが言われて「ストレスを感じるセリフ」ベスト3

ストレスを感じるセリフ エンジニアライフ
ストレスを感じるセリフ
質問者
質問者

エンジニアに言わないほうが良いセリフって何?

ぺんしるは以前、ある事業会社で社内の人が使うシステムのマネジメントとか開発をやっているんだけど、仕事をしていると非エンジニアの人からストレスを感じる言葉(イラッとする言葉)を言われることが度々あります。

今日は、そんなイラッとしたセリフをまとめてみました。

いずれも、正確に言うと「エンジニアがイラッとするセリフ」というより「ぺんしるが言われてイラッとしたセリフ」になります。

取り敢えずXXにしといて

とあるシステムを開発していた時の話。「この部分ってどういう動きがいいですかね?」と聞いたときに返された言葉「取り敢えずこうしといて。ただ、あとで変更する可能性があるから、後からフラグで簡単に直せるようにしといて」。

これを聞いた僕は「後で変更する可能性があるって、どういうことだよ!!」と心で激高しました。システム開発で「取り敢えず」はないですよね。。仕様を決めるのを後回しにしているだけでしょ。早く決めてほしい。

こんな程度だったら簡単でしょ?すぐに直して

とあるシステム開発でシステムへの改善要望を聞いている時に言われたセリフ「これくらいすぐに直せるでしょ。直してね!!」。

「いやいや、これくらいって言っても内部処理は複雑なので修正にはそれなりに工数がかかりますよ」と言うと「この程度なのに?」と聞き返されました。内部では複雑なロジックが絡み合っていたり影響範囲を調べたりで、パッと見は簡単そうでも修正には時間がかかるんです。ご理解くださいね。

全部書いて

とあるシステム開発での話。そのシステムは上司の意向で仕様書をしっかり作らずに開発を進めており、すでにリリース済で運用中でした。で、上司が変わった時に明確な仕様書はないを伝えた時に言われたのがこれ

「仕様書がない?じゃ、全部(全種類の仕様書を)書いて!!」

「いやいや、今の時点から作っても時間がかかるだけでメリットはないですよ」と説明しても、「ダメ」の一点張り。仕方なく、そもそも仕様書にはどのようなものがあるか(要件定義書、基本設計書、テスト仕様書 etc)や各仕様書での記載事項を説明して現時点で必要なもののみを作成するように説得しました。「全部」ってなんなんですかね。。

最後に

いかがでしたか?

仕事でエンジニアと一緒に仕事をしている人がいるかもしれませんが、上記のようなセリフはエンジニアの反感を買います!!

くれぐれも、言わないであげてください。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました