スポンサーリンク

JavaScriptのNumberクラス

JavaScriptのNumberクラス JavaScript
JavaScriptのNumberクラス

はい、ぺんしるです!

今日は、Numberクラスのメソッドをまとめたので、ご参考ください(^^)/

コンストラクタ

コンストラクタは、数値からNumberオブジェクトを作るときに使います。

var num = new Number(10);
console.log(num); //Number {10}が出力される

toString

toString()メソッドは、Numberクラスのオブジェクトを文字列に変換するときに使います。

var num = new Number(10);
var ret = num.toString();
console.log(ret); //10が出力される

toFixed

toFixed()メソッドは、指定された小数点以下の桁数でNumberクラスのオブジェクトを文字列に変換する場合に使用します。

var num = new Number(12.55)
var ret = num.toFixed(0);
console.log(ret); //13が出力される

var ret = num.toFixed(1);
console.log(ret); //12.6が出力される

var ret = num.toFixed(2);
console.log(ret); //12.55が出力される

var ret = num.toFixed(3);
console.log(ret); //12.550が出力される

toExponential

toExponential()メソッドは、指数表記で対象のNumberクラスのオブジェクトを文字列に変換する場合に使用します。

var num = new Number(12.55)
var ret = num.toExponential(0);
console.log(ret); //1e+1が出力される

var ret = num.toExponential(1);
console.log(ret); //1.3e+1が出力される

var ret = num.toExponential(2);
console.log(ret); //1.26e+1が出力される

var ret = num.toExponential(3);
console.log(ret); //1.255e+1が出力される

valueOf

valueOf()メソッドは、Numberオブジェクトの数値を数値型に変換する場合に使用します。

var num = new Number(10)
var ret = num.valueOf();
console.log(ret); //10が出力される

MAX_VALUE

MAX_VALUEプロパティは、JavaScriptで扱うことができる最大の数値を格納されたプロパティです。

console.log(Number.MAX_VALUE); //1.7976931348623157e+308が出力される

MIN_VALUE

MIN_VALUEプロパティは、JavaScriptで扱うことができる最小の数値を格納されたプロパティです。

console.log(Number.MIN_VALUE); //5e-324が出力される

MAX_SAFE_INTEGER

MAX_SAFE_INTEGERプロパティは、JavaScriptで正確に扱える最大の整数値が格納されたプロパティです。

console.log(Number.MAX_SAFE_INTEGER); //9007199254740991が出力される

MIN_SAFE_INTEGER

MIN_SAFE_INTEGERプロパティは、JavaScriptで正確に扱える最小の整数値が格納されたプロパティです。

console.log(Number.MIN_SAFE_INTEGER); //-9007199254740991が出力される

最後に

いかがでしたか?

不明点があれば、遠慮なくこちら、またはこちら(匿名での質問ができます)からご質問くださいね。


ではまた!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました