JavaScriptのデータ型

javascript_datatype JavaScriptとは

どうも、ぺんしるです。

今日はJavaScriptのデータ型について書いていきますね。

JavaScript は動的型付け言語です。変数宣言時にはデータ型を指定する必要がなく、スクリプト実行時に必要に応じてデータ型が自動的に変換される仕組みになっています。

数値型

変数に数値を代入できます。

var abc = 5;

文字列型

変数に文字列を代入できます。文字列はシングルコーテーションで囲ってください。

var abc = 'test';

紛らわしいですが、以下の場合でも、変数は文字列型になります。0がシングルコーテーションで囲まれているため、入力しているのは数値ではなく文字になります。

var abc = '0';

Boolean型

変数に真偽値(true/false)を代入できます。

var abc = true;

配列

JavaScript の配列を活用することで、複数の値を1つのデータのように扱うことができるようになります。JavaScriptにはArrayオブジェクトが提供されており、配列を簡単に操作することができます。

var array = ['b', 'c'];

array.unshift('a'); //先頭にaを追加

array.push('c'); //末尾にcを追加

配列の要素の取得方法

変数名に[]で何番目の値がほしいかといった要素番号を記述します。要素番号は0から始まります。ですので、先頭の文字を取得する場合には、以下のように[0]を指定することになります。

console.log(array[0]);

2番目の文字を取得する場合は、以下のように[1]を指定する必要があります。

console.log(array[1]);

最後に

いかがでしたか?

少しずつ難しくなってきましたね。

分からないことが合ったら、遠慮なく質問してくださいね。

では、また!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました