スポンサーリンク

【画像付きで解説】Edgeを特定のバージョンにする方法

edge tips
edge

今日はmicrosoft edgeを特定のバージョンにする方法を記載します。

画像を見ると結構手間がかかるように思いますが、実際にやると10分程度で作業が完了するので、隙間時間を見つけてやってみましょう。

ではやっていきましょう!!

スポンサーリンク

大まかな流れ

① 既存のedgeをアンインストールする

② 指定のedgeをインストールする

③ レジストリの設定をおこなう

これだけです。では、詳細手順を解説していきます。

詳細

edgeのアンインストール方法

コントロールパネルの「プログラムと機能」から「Microsoft Edge」を選択してアンインストールしてください。以下のような画面になります。

プログラムと機能画面

上記方法でアンインストールできない場合は、以下の方法で試してください。

① コマンドプロンプトを起動する

② 以下のコマンドを実行する

“C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application\<edgeのバージョン>\Installer\setup.exe” –uninstall –system-level

指定のedgeのインストール

以下のmicrosoftのサイトから、インストールしたいバージョンのedgeをダウンロードしてください。

ビジネス向け Microsoft Edge のダウンロード | Microsoft
Microsoft のビジネス向け Microsoft Edge をダウンロードする。使用中のオペレーティング システムに最適なサポートを提供するビジネス向け Edge の更新プログラムを探して、仕事で Edge を使用する方法を見る。

ダウンロードが終わったら、インストーラをダブルクリックしてインストールをしてください。

これでインストールは環境です。

レジストリの設定

自動的にバージョンアップしないようにするためにレジストリを設定します。

レジストリ設定前にedgeを起動すると、自動的にバージョンアップしてしまうので、必ずedgeの起動前にレジストリの設定を実施する必要があります。

① レジストリエディタを起動する。

windowsの左下の虫眼鏡に「regedit」と入力しEnterを押下する。

虫眼鏡画面

② レジストリエディタで以下に移動する。

\\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft

③ ②の下に「EdgeUpdate」という名前でキーを作成する。

④ ③で作成した 「EdgeUpdate」 に「UpdateDefault」という名前でDWORD(32ビット)値を作成する。

作成が終わると、以下のような画面になる。

edgeのバージョンの確認

edgeを起動しバージョンが期待するバージョンになっていることを確認する。

最後に

いかがでしたか?

仕事をしていて不明点がある場合には、積極的にググって情報を得ていきましょう。検索方法に興味がある方には、以下の本がお勧めです。検索テクニックは今後も必須のスキルなので、身に着けておいて損はないでしょう。

ではでは!

タイトルとURLをコピーしました