スポンサーリンク

【転職経験2回の僕が思う】面接でのブラック企業とホワイト企業の見分け方3選

面接判断方法 雑記
面接判断方法

はい、ぺんしるです!

僕は今まで2回転職をしてきました。現在は3回目の転職に挑戦しているところです。

そんな転職経験が豊富な僕(苦笑)が、面接時にその会社がブラックかホワイトかを判断する方法を、今日は記事にしますね。転職に悩んでいる人は是非とも参考にしてください(^^)/

逆に、面接官として求職者と面接する人は「この点を求職者は面接で見ているのか」と認識してもらえると幸いです

では、いきましょう!!

スポンサーリンク

面接で見るべきポイント

早速ですが、僕が面接時にチェックするポイントは以下の3点になります。

  • 面接官の態度・雰囲気
  • 質問に対しての回答内容
  • 面接回数と面接官の人数

それでは、ここから1つ1つ深堀していきましょう!!

面接官の態度・雰囲気

最もよく見るのは面接官の態度や雰囲気です。

面接官はその会社を代表している人で、おそらく入社後に自分の上司になる人です。

「態度がでかい」「肘をついている」「上から目線」「口調がため口」「説教する人」「眠たそう」だとブラックな企業と印象を受けます。逆にホワイトな企業は、面接の最初に「情報交換の場にしましょうね」などと言ってくれて話がしやすい雰囲気を作ってくれるため「転職者と同じ目線で話してくれる」と感じ印象がよいです。

私の過去の経験では、「こちらからは質問していないけど、残業時間や福利厚生のような質問しづらい話をしてくれた」面接官や「ぺんしるさんを是非とも採用したい。どのようなポジションが合うか一緒に協議させてほしい」と言ってくれた企業さんは印象が良かったです。

質問に対しての回答内容

次に見るのは、質問に対しての回答内容です。

「質問していることに対しての回答をしていない」「逃げの回答になっている」「ありきたりな回答」だとブラックな企業(というか、この人大丈夫かな)と印象を受けます。

例えば、「仕事内容はこんなイメージですが合っていますか?」と聞いても「そーゆー仕事が多いよ」みたいに、質問に対しての明確な回答になっていない場合です。逆に「こちらが質問したこと以上に範囲を広げて回答してくれる」企業は、ホワイトな企業の印象を受けます。

面接回数と面接官の人数

意外に思う人もいるかもしれませんが、僕は面接回数と面接官の人数をブラック企業かどうかの判断にしています。

企業にとって採用とは、その企業の企業活動に貢献してくれる才能を持つ人材を発掘するための大切な活動です。それにも関わらず、「面接回数が1回」「面接確約」「書類選考通過済み..」のような「誰でもよいから入社してほしい感満載」企業の求人を見ると、「この会社は人材を大切に考えていないのでは」「社員の入れ替わりが多いのでは」と勘ぐってしまいます。反対に、「面接回数が4回以上」の企業のように「面接回数がやたらに多い企業」の求人を見ると、「この会社は採用可否の判断を現場に権限移譲していないのでは」「この会社は無駄な承認作業が多いのでは」と勘ぐってしまいます。面接回数は2回~3回が適切かなと考えています。

また、面接官の人数が極端に多いのも嫌ですね。通常であれば、人事担当者(1名)・現場担当者(1名~2名)が多いですが、企業によっては現場担当者が7名のような場合があります。そのような企業を見ると「この会社は現場に採用可否の判断について現場に権限移譲していないのでは」「何を決めるにも現場担当者全員で認識を合わせて進めているのか。。メンドウ」と感じます。

最後に

いかがでしたか?

結局のところ、面接はその企業との相性です。

上記3選にとらわれず、自分がよいと思う企業に納得して入社してくださいね(笑)

不明点があれば、遠慮なくこちら、またはこちら(匿名での質問ができます)からご質問くださいね。


ではまた!!

タイトルとURLをコピーしました